どんな種類があるのか

授業

通信制高校は、主に公立と私立という2種類に分けることができますし、それぞれに特徴が異なると言えるでしょう。この公立と私立の違いとしてまず挙げられるのは「学費」であり、公立は3年間で10万円程度になりますが、私立の場合は40万円~100万円程度かかると言われています。現在では就学支援金という制度があるため、その対象(年収910万円未満)であれば、公立の場合は学費をほぼ無料で済ませることができます。私立の場合でも就学支援金の制度を利用することができますが、支援金の金額は年間12万円程度(3年で36万円程度)になるので、仮に3年間の学費が60万円だった場合は24万円の負担になるでしょう。学費以外の違いについては、「利用者数の違い」があり、公立よりも私立のほうが圧倒的に多くなります。なぜかというと、公立は地方自治体によって運営されているため、その地域の人しか入学できないなどの制約が多いからです。一方の私立の場合は、住んでいる地域に制限がなく、全国どこからでも選ぶことができるので生徒も集まりやすくなっています。さらに公立と私立とでは、登校日のことを意味するスクーリングなどに関する「学習環境の自由度」にも違いがあると言えます。公立の場合は、スクーリングや試験の日程が決められており、それを日程通りにこなさないと単位を取ることができません。ですが私立の場合は、登校日に関してそこまで厳しい制約があるわけではないため、比較的自由度が高いと言えるでしょう。

どんな高校なのか

授業

そもそも通信制高校とは、学校に毎日通う必要がなく、郵送やインターネットなどを利用して自宅で学習することができる高校を指します。もちろん、毎日学校へ通う全日制と同じ正式な高等学校として認められているので、卒業することで高卒の資格を得ることが可能です。ただし通信制と言っても、面接指導を受けるために登校しなければならない日もあり、この面接指導は「スクーリング」と呼ばれています。通信制高校を利用する人については、働きながら高卒の資格を得たい人や、何らかの事情で高校を中退した人などが多いと言えるでしょう。

どんなメリットがあるのか

授業

通信制高校を選ぶメリットとしては、「自分のペースで学習を進めることができる」ということが挙げられます。この種類の高校は単位制を採用しているので、1年間の学習量が決められているわけではありませんし、一般的な高校のように3年で卒業しなければならないということもありません。ですので仕事などをしながら勉強するという場合でも、無理して学習を進める必要がなく、空いた時間などを利用して自分のペースで勉強ができるのです。

広告募集中